出産、午後に延期。また輸血。

3:30

就寝



6:30

起床


採血、血圧測定、NST

手術の時に着る服に着替える。



7:30

NST終了。

赤ちゃん異常なし。

お腹は何度か張る



8:00

家族と談話室で合流。

上の子、とても嬉しそう。



8:30

談話室に主治医が来てくださる



「血小板は残念ながら

3.9(3万9千)までしか上がりませんでした


大量出血のリスクが高いため

これからもう一度輸血します


出産は午後からに変更です」



なんと…



9:00

家族帰宅



9:30

うたた寝



11:30

輸血2回目開始



またバーコードの読み取り?照合?に苦戦。


気づけば助産師さんや先生方5人がわらわらと集まり

パソコンをカチカチしながら話し合い。



ずっと外来で経腹エコーを見てくれていた先生が

声を掛けに来てくれた。


「血小板、ずいぶん下がっちゃいました…」

とぼやくと


「双子妊娠による一時的なものだから大丈夫」

と励ましてくれた。


先生、もう会えないかと思ってたけど

お顔を見たら少し元気出た。



先生が私の体調を気にされていたので


「体調は大丈夫です、

ただテンションが低いだけです…」

と答えると


助産師さんが

「不安だよね、でも大丈夫!」

と優しく背中をさすってくれた。


優しくされると泣きそうになる。

昔っから治らない悪癖。笑