双子妊娠24週(妊娠7ヶ月)。健診で安心

2週間前の22週の健診は

ブログ書いてなかったんですね/(^o^)\


前回はいつも以上に待ち時間が長く

上の子のお迎えがギリギリになるという

なんともバタバタ状態だったので

書いてる余裕がなかったのかも。



今回は助産師さんとの面談を含む

三本立てでした。



助産師さんと面談


妊娠7ヶ月に至るこれまでの間

私が経産婦だからだと思いますが


助産師さんと関わる機会がほとんど無かったのですが


(病院から頂いたガイドブックによると


「妊娠中の過ごし方」や「体重管理」など

助産師さんから妊娠経過に応じて

適宜指導があるらしいのですが


私はこれまで皆無でした)


急に呼び出されてビックリしました。



バリバリ仕事できる系の助産師さんから

質問攻めに合いました(^^;;


たぶんいい方なんですけど

とても頭の回転が早くて

とても仕事ができる方なんだと思います、


わたし早口でまくし立てられるの苦手〜(´;ω;`)



助産師さんからの助言をまとめると

以下の通り


①出産準備について

店頭で現物を見ておきたいなら今のうちに!


②家の整理も今のうちに!


③突然の入院に備えて

いざという時に上の子や家のこと等どうするか

家族内で話し合いを!


④産後の育児体制についても家族内で話し合いを!


⑤足首は冷やさないように!


とのことでした。



①は双子用ベビーカーは

ベビーザらスで現物を見比べて

どれを買うかはすでに決めてあります。


上の子で使わなかったため知識が不足気味の

哺乳瓶・ミルク・レンジ消毒器…なども

店頭で現物をチェック済。


オムツやミルク類は

近所の店でいつでも入手できるので

最悪義母に買ってきてもらおうかと。



②は体調不良を口実に

確かに停滞中…


ですがお尻を叩いて頂いたと思い、

昨日久しぶりに再開しました。


昨日は洗面所を整理・大掃除しました。



8月の時のような丁寧な作業は

正直もう厳しいですが


産後には絶対にできないので

なんとか全て終わらせたいところです。



③④は義母サマサマです…

義母頼み…


あとは自治体の産前・産後ヘルパーには登録済なので

その点をお伝えすると

助産師さんにも安心してもらえた模様。



話の流れで

夫からの更なる援助も要求されましたが


夫は現時点で

わりと目一杯頑張ってくれてると思うので…


夫の激務具合や

その中で夫がいかに協力してくれているか、

私がアピール不足だったかな?


けっこう畳み掛けられたので

私もそこは頑張って応戦?(^^;;



助産師さんから言わせれば

それぐらいしないと

上の子+双子育児はやっていけない

ということなんだと思います。


なんとも末恐ろしい双子育児…((((;゚Д゚)))))))



⑤は素直に気をつけます。



・経膣超音波検査(下からエコー)


子宮頸管長が

前回35ミリ→今回39.9ミリに戻った!


ずっと40ミリ前後をキープしていたのに

前回35ミリでしたので

今回更に短くなったら…

と密かに心配していたのですが


「立派な子宮頸管」とおっしゃって頂き

ひと安心。



最近のひどい動悸・息切れを相談しましたが

胸痛や咳などがなければ

今のところは双子妊娠の影響でしょうとのこと。



・経腹超音波検査(お腹のエコー)


双子共に765g前後。

双子共に週数相当以上。大きめです。

とのこと。



「あくまで正常範囲内で大きめという事だし

小さいよりはずっと良いんですよ〜」


と励まされたけれど


度重なる息切れは

大きめベビー×2のせいだったのね((((;゚Д゚)))))))



そして

二人共にずっと逆子ぎみだったのが

二人揃って頭が下になってました。


お腹の上部にいる子を「上の子」

お腹の下部にいる子を「下の子」

と呼んでいましたが


今は二人とも頭が下になって

仲良く左右に並んでいるので


今後は「右の子」「左の子」と

呼ぶことになりそうです(*^ω^*)



心臓の部屋(心室?)の数

背骨

四肢


など、

毎回丁寧にチェックしてくださり

本当にありがたいです。



以上、24週の健診についてでした。



ちなみに

健診日以降、息切れが落ち着いてきました。


最初は「健診で安心して体調もよくなったのかな」

と思っていたのですが


どうも逆子が直って

頭が下に向いたことにより

肺の圧迫が和らいだようです。



手元の双子関連資料では

「妊娠8ヶ月以降、動悸・息切れが始まる」

とあるので


ゆくゆくはまた同じ思いをすることになりそうですが…


束の間のリラックスタイムです。

ありがたい。