帰省日記 その2~地元で初運転・すき焼き

こちらは涼しいだろうと期待して
帰ってきたのですが

なんと想像の斜め上をいく暑さ。

初日の夜は
かなり寝苦しい夜を過ごしました。



そのせいなのか
大移動の疲れがまだ取れていないのか



帰省2日め。

子供、スーパーグズりんぼ。



変な時間に眠いと言ってグズるし

ちょっと思い通りにならないと
すぐ癇癪を起こすし

ご飯もポイ!!
飲み物もポイ!!

ギャー!!



私は家族の目もはばかることなく
子供と大喧嘩。

家族は子供のグズりっぷりに
ドン引き。

私もさすがに疲れました。



ですが
子供の機嫌が良い時を見計らって
少しお出掛けもしました。



午前:買い物(ドラッグストア)



特売日だったので。笑

そしてついに

父が横で見守る中
地元で運転させてもらいました。



ドラッグストアまで
片道5分と近所ですが

父と妹と子供を乗せて。

夢が叶いました。

まさかこんな日が来るなんて
思ってもみなかったなぁ。



父は私の下手くそな運転に
イライラしていそうでしたが 笑

ちゃんとアドバイスもくれましたし
車庫入れも教えてくれました。

ハンドルが
送りハンドル」になっちゃってるらしい。
直さないと。



午後:買い物(夕飯の買い出し)



父の病気がわかってから

結婚して家を出た私を除く家族全員で
父の好物・すき焼きを食べたそうなのです。

その時
「今度はお姉ちゃん(私)も一緒に食べよう」
と言ってくれていたらしく。



この日さっそく実行することになり

父と私と子供、
3世代で買い出し。



父は再度私に運転させてくれようとしたのですが

子供の機嫌が微妙だったので
またの機会に。



父はせっかくなので
良いお肉を手に入れたいと奮起。

1店舗めでは
まあまあなお肉が見つかりましたが
満足しきれず2店舗めへ。

ところが2店舗めでは
全く思ったようなお肉がなく
1店舗めに戻ることに。



1店舗めに戻ったのは
わずか30分後。

それなりのお値段のお肉なので
まだ売れずに残っているだろうと思いましたが

父は焦っていた。

私が子供をカートに乗せる一瞬も待てずに
ひとり店内へ。笑



お目当てのお肉を無事カゴに入れた父は
ホクホク顔で

「これでひと安心だ~♪」

と言ってました。

父、そんなキャラだっけ?笑



子供の不機嫌などありましたが

美味しく楽しいお鍋を囲むことができて
とても幸せでした。

久々の団らんだったな。
お酒も進んだね。

お父さんありがとう。



続く。