第二段階に突入

教習のお話。



おととい仮免許が交付され、

今日からまた
教習生活再開です。

いよいよ第二段階。

今日は張り切って学科×4コマ。
頑張りました。



とはいっても

第一段階の時は
ルールをひたすら暗記…
できつかったですが、

第二段階は
ルール半分、モラル半分
な感じですね。

読めば納得なところも多いので
第一段階より少し気が楽です。



でも

タイヤ交換とか
チェーンの付け方とか
ボンネット開けて点検とか

絶対自分ではできなさそう…



若い女の子ならともかく

いい歳して
初心者マークつけて

突然

バッテリーあがった!
タイヤパンクした!

なんて時に

どなたか手を差しのべて下さる方は
いらっしゃるんでしょうか。



(´・ω・`)



そんなことを
ぼんやり考えておりました。



今日の指導員さんも
ご自身の交通事故の話をされていました。

見た目にはわかりませんでしたが
腕や腰に後遺症が残っているそうです。

少し前、別の指導員さんも
交通事故の体験談をされていました。



自身が交通ルールを守っていても
事故に巻き込まれてしまうこともある。

誰だって
運転する限りは事故に遭う可能性がある。

決して他人事ではない。



肝に命じておかなければ。



組んで頂いたスケジュール通りに

教習を受けて
卒検に受かれば、

帰省の時に
免許を持っていけそうです。



そのためには

・私の技量
・子供の体調管理

この二つが欠かせない。
頑張らないと。