一時保育(リフレッシュ保育)のこと

0歳児育児に疲れ
心身共にボロボロだった昨年末

育児支援施設の相談員さんが



「○○(子供)ちゃんが1歳になれば。

1歳になったら
ここの一時保育が
利用できるようになるから。

それまでもう少し頑張ろう」



とおっしゃて下さり、

私の中で
子供を預けるということに対して
ハードルがぐっと下がり

一時保育って
私でも利用できるんだ
たまには預けてもいいんだ

と思ったのを
よく覚えています。



もともと

一時保育で預けられるところが
あるらしいことは知っていたけど、

利用方法もわからないし
今は育休中で働いていないし
お値段もお高いんだろうと思ったし

かつ、

子供を預けるということに
少し後ろめたさのようなものを
感じていたこともあり

自分から行動することが
できないでいました。



でも …

本当は限界だった。
休みたかった。

誰かに助けてほしかった。



というわけで

私は本当に、

子供が1歳になった次の日から
預け始めましたσ(^_^;)



これまでに預けた経験といえば

私が通院する間
義母に小一時間見てもらうぐらいでしたので、

このような形で預けるのは
初めてでした。



最初は
夕方の1~2時間から始めて

徐々に
おやつの時間
午後の昼寝の時間
ランチの時間

と時間を延ばしていき、

それでも
ご機嫌よく過ごせるように
なっていきました。



0歳児時代には

食べているか寝ている時以外は
ずっと泣いていた
(それもギャン泣き・癇癪泣き)
わが子でしたが、



1歳を過ぎて
一時保育を利用するようになってから

卒乳したこともあってか
(1歳2ヶ月)

自立心が育ち
表情も豊かになり

別人のように
めざましい成長を遂げました。



私の方は…



例えば

1時間ほど
一人の時間を得ても

今までなかなかできなかった
家事や雑用を済ませたりしてしまい、笑

そう簡単に
完全回復というわけには
いきませんでしたが、

体力的にも精神的にも
少しずつ回復していきました。



ボロボロだったあの時、

勇気を出して相談して
本当によかったと思っています。

そうでなければ、

子供も私も
どうなっていたかわかりません…。



私の住む自治体では
このようなリフレッシュ目的での
一時保育もありますが

自治体によっては
冠婚葬祭など特別な事情がないと
利用ができないケースもあると思います。



そのような場合には

「ファミサポ(ファミリーサポート)」

がおすすめです。

ファミサポに関してはまた今度。