出産、明日に延期。輸血によるアナフィラキシーショック

見る人が見れば

身バレしてしまいますが

とりあえず記録しておきたいと思います。


 

正確には11:40過ぎより始まった

2回目の血小板輸血。


本来であれば

14時〜15時の帝王切開を予定していたのでしょう、


それまでに輸血を終える予定でした。



12:30

家族が再度病院に到着



12:40

右手、右腕、首、頭皮…と

少しずつ痒くなり、念のためナースコール。

発疹は出ていない。


少し様子を見て

助産師さんはいったん戻る。



12:50

夫が部屋に到着。

身体が痒くなってきたことを伝える。


少し息苦しくなってきて

再度ナースコールする程か迷うも

夫が迷わずナースコール。



13:00〜

右手首に発疹二つ発見。

咳が出てくる。

喘鳴も出てくる。



夫、部屋から退出を命じられる



助産師さんに加えて

医師が来てくださる頃には


右手の発疹がじんましん状に広がり

おでこにも発疹やむくみ

発疹は胸やお腹にも拡大していたらしい

(私は見ていない)



私が苦しみながらも

尿意を訴えたため尿管を接続


同時に酸素マスク装着



ベッドをストレッチャーのようにして

そのままLDR?に移動


呼吸困難

数分に一度、胸が締め付けられるような痛み

意識が混濁し始める



10名ほどの助産師さんや医師が

あれこれ対処してくださっていたのはわかった


そのうちのどなたかが

「みんな落ち着いて!」と声を掛ける


私は朦朧としつつ

「え、そんなにやばいの…」と思う



NSTモニター

ステロイド投与?

麻酔科医登場?

その場でレントゲン?


このあたりは佳境のため

よく覚えていない



1時間〜1時間半ぐらい経っただろうか

話ができるまでに回復


夫が部屋に入って来てくれて

ホッとする


しばらくして酸素マスクを外す



主治医がいらして


「今日このまま帝王切開を行うのは困難のため

明日の午前中に延期」


とのお話。



この状態なので延期はやむを得ないけれど

まる一日も余分に絶食するのは精神的に辛い…


ダメ元で今日だけ飲食解禁を懇願(笑)

→主治医、苦笑もOKを頂く



16:00

車椅子でMFICUの自室に戻る。


車椅子へ移動のために立ち上がる時は

身体が重くて重くて

インフルエンザの時の5倍ぐらいしんどかった。



戻り途中、

談話室でひたすら待ち続ける上の子に

ちょこっとだけ会わせてもらう。


再度NSTなど。



17:00

心身ともに疲れ切った夫と、

待ちくたびれた家族が帰宅。


上の子には何度も帰宅を促したけれど

「パパと一緒に帰る」

と言って聞かなかったそう。


4歳にして4時間の待ちぼうけ。

一瞬でも会えて良かったけど。

本当にごめんね…



18:00

麻酔科医と主治医、続けて診察。


明日は全身麻酔に決定。

挿管の話など。



19:00

夕食完食。


お粥系だけかと思いきや

ちゃんと普通のメニューで嬉しかった。


食べたら元気になった気がする。




余談ですが…


LDR?にいた時

隣ではお産の真っ最中でした。


妊婦さんの雄叫びが

ずっと鮮明に聞こえてました。



本当につらそうでつらそうで…


私が経産婦でなく初産でしたら

とてつもなく恐怖心を植え付けられたと思います(^^;;



夫はお隣さんの雄叫びや

私の瀕死の状態を見て

お産のイメージがまた変わったようです


上の子の時はもちろん痛かったけれど

スピード産で

超安産と言われてましたので。


本当にお産は命がけです…



あの時のお隣さん。


どなたかは存じませんが

元気な赤ちゃん産めたかな(^^)

出産、午後に延期。また輸血。

3:30

就寝



6:30

起床


採血、血圧測定、NST

手術の時に着る服に着替える。



7:30

NST終了。

赤ちゃん異常なし。

お腹は何度か張る



8:00

家族と談話室で合流。

上の子、とても嬉しそう。



8:30

談話室に主治医が来てくださる



「血小板は残念ながら

3.9(3万9千)までしか上がりませんでした


大量出血のリスクが高いため

これからもう一度輸血します


出産は午後からに変更です」



なんと…



9:00

家族帰宅



9:30

うたた寝



11:30

輸血2回目開始



またバーコードの読み取り?照合?に苦戦。


気づけば助産師さんや先生方5人がわらわらと集まり

パソコンをカチカチしながら話し合い。



ずっと外来で経腹エコーを見てくれていた先生が

声を掛けに来てくれた。


「血小板、ずいぶん下がっちゃいました…」

とぼやくと


「双子妊娠による一時的なものだから大丈夫」

と励ましてくれた。


先生、もう会えないかと思ってたけど

お顔を見たら少し元気出た。



先生が私の体調を気にされていたので


「体調は大丈夫です、

ただテンションが低いだけです…」

と答えると


助産師さんが

「不安だよね、でも大丈夫!」

と優しく背中をさすってくれた。


優しくされると泣きそうになる。

昔っから治らない悪癖。笑

入院。血小板激減。血小板輸血。

14:00

入院受付後、病棟へ。


管理入院ではないので

大部屋かとなんとなく思っていたけれど

MFICUに入れてもらえました。

個室です。



15:00

助産師さんによる問診や採血など。



15:30

麻酔科医による事前説明。

麻酔のこと。



16:30

血液検査の結果、

血小板の値が3.3(3万3千)まで激減しているとの一報。


約10日前には10.2だったのに…

激減にも程がある…


全身麻酔を覚悟する。


ヘルプ症候群の疑い?を精査するため

再度採血+尿検査。



17:30

執刀医?による事前説明。

帝王切開のこと、麻酔のこと。

血小板輸血のこと。


これから血小板を取り寄せて

それが届き次第、血小板輸血。


明日の朝の血小板の数値で

麻酔の方法は決めるそう。



輸血かぁ…



なお幸いにも

ヘルプ症候群ではなかったらしい。


他には、縦切りか横切りかを質問してみたり。

(翌日までに考えておくようにとの事)



18:00

夕食。

大食いの私には量が少なすぎる…


妊娠後期には小分けで食べるという話は

なんだったのだろうか…

一瞬で完食。



18:45

夫帰宅。

お疲れ様でした。



19:30

輸血用の針を入れる。


こんな太いのを刺すのか!

そりゃ痛い!


が、研修医と思われるお兄さんにより

2連続で失敗される。



私は入院や病院に不慣れすぎて

本当にわからなかったので

「これは何をしているんですか」と尋ねると


「さ、刺さらなくて…」

と白状される。


私が聞かなかったら

失敗したことを隠すつもりだったのかしら。



20:00

上の子とFaceTime

今のところご機嫌そうで安心。

私も元気が出た。

(寝る前にはかなりぐずった模様)



20:30

シャワー。


入院からの想定外のバタバタで

シャワー予約がうまく取れなかったのだが

助産師さんの機転で入らせてもらえることになった。


出産後3日はシャワー入れないものね。

スッキリ。



21:30

血小板未だ届かず。


助産師さんに聞くと

通常の(?)血小板ならば院内にストックがあるが


私は不規則抗体が陽性のため

それに合った血小板を使う必要があるため

急遽お取り寄せになったんだとか。


どれだけイレギュラーなの…



22:00

うたた寝



0:00

血小板到着→輸血開始。


日付が変わってしまったため

バーコードの認証?読み取り?が

うまくいかないとの事で

助産師さん苦戦。


当直の先生が5分ほど

助産師さんが15分ほど

部屋に居てくれて

アレルギー反応の有無などをチェック。



1:30

輸血終了。

双子妊娠37週。いよいよ正期産

今年もよろしくお願いいたします。



大晦日には

ベタに家族で紅白を見て

年越しうどんを頂き

(義母が蕎麦アレルギーのため)


元旦には

ベタにニューイヤー駅伝〜お笑いを見て

おせち料理とお雑煮を頂き。



なんて素晴らしき年末年始。


その頃には入院しているだろうと思っていたので

当たり前?のことが本当に幸せです



が!



とにもかくにも

前駆陣痛が痛い。。。



昨日は義母がうっかり?

「今日はスーパームーンかな。きれいよ」

なんて言ってきて


都市伝説かもしれないけれど

スーパームーン=お産が進んでしまうのではないかと

気が気ではなく


実際お腹の張りも頻発し

なかなかおさまらず。

本当に痛い。。。



前駆陣痛ってこんなに痛かったっけ…?


産後の後陣痛もかなりのものになりそうです…

(上の子の時も初産でしたが

促進剤使用のスピード産だったためか

産後うつを引き起こすほど痛かった)



昨日はそんなヒヤヒヤな元日でしたが

なんとか日をまたぐごとができ


今日、正期産まで

持ちこたえることができました。



今が年末年始でなければ

正期産に到達というだけで万々歳なのですが


正月三ヶ日の間に産気づいて

病院側の準備もままならない状況での

緊急オペは避けたい…



あと少し。

頑張りたいところです。

双子妊娠36週(妊娠10ヶ月)。前駆陣痛が頻発中

今年も今日で終わり。

今年も年始には思ってもみなかったような

怒涛の一年でした。



年始は長休を取ることに成功して

上の子と二人で小旅行に出かけた優雅な年明け


…から一転、

2月には実母入院

3月は実母のフォローのため介護休職取得


4月には実家のバタバタも落ち着き

家族で沖縄旅行


5月に妊娠判明

6月にまさかの双子判明


それ以降は外出も控えぎみになり

基本的に外出といえば

家から徒歩5〜10分圏内に限りました。


8月は妊娠中唯一のイベント・伊豆旅行


9月以降は更に外出を控えがちになり

11月以降は保育園の送り迎えも無しに。



そして今日12月31日。

大晦日です。


まさかこの日を

自宅で迎えられるとは思っていなかったので


素直に嬉しいです\(^o^)/



36週に入ってからは


36週0日で妊婦健診とNST

36週4日でNST


をしに通院しました。



妊婦健診では

双子の体重は約2500gと約2700gでした。


あと1週間で

どれほど増えるかわかりませんが


実際はもう少し少ないにしても

2000gはあると期待していいかなぁ


願わくば2300g。

欲しいところです。



双子の体重よりも先に

羊水量の確認をされましたが

こちらも問題ないとの事でした。



NSTは今月に入ってから始まり

これまでに4回モニターしてもらいましたが

毎回双子は元気いっぱいです。


上の子の時は

NSTは一度しかしなかったので

こんなにする事になるとは。



臨月に入ってから一番大変なのは

前駆陣痛と思われるお腹の張りです。



妊娠30週から

上の子の時も使っていた

たまひよのアプリをダウンロードして

お腹の張りをカウントしているのですが


臨月以降急に

張りが増え、

張る時間が長くなり、

痛みが強くなりました。



でも10分間隔を切ったのはまだ一度だけなので

先生とも相談のうえ

様子を見ている状況です。



年明けの予定帝王切開の日まで、

せめてここまで来たら正産期に入るまで、

持つといいなと思います。



みなさま良いお年を。

双子妊娠35週。管理入院無しでいけそうな気がしてきた

厳密には

今週は妊婦健診ではなかったそうです。


そのためか尿検査と経膣エコーは無し。

NSTと経腹エコーのみ。でした。



「今週は妊婦健診ではない」と聞いて

NSTが終わったらすぐ帰れるのでは!と

ぬか喜びをしてしまった私。



約50分間のNSTを終えてから

産科外来にえっちらおっちら移動するも


何故かいつも以上に(2時間以上)

延々と待たされてしまい


呼ばれるのを待っている間

息も絶え絶え

トイレにも何度も通い

昼食も食べられず


さすがに辛かった・゜・(ノД`)・゜・。



ここは言い切らせて頂きますが


あの場で

私以上にお腹が大きい人はいませんでした/(^o^)\


双子妊娠で35週となると

大抵の方は入院されていますよね…

外来にはあまりいないですよね…


長時間座って待つのは

本当に大変なのです。・゜・(ノД`)・゜・。



やっと呼ばれたのは

経腹エコーの部屋。


「妊婦健診ではない」と聞いて

今日は主治医の先生の診察だけで

エコーはしないと思っていたのでビックリ。



聞けば、


「先週、左のお子さんの羊水が

若干少なかったんですよ〜

だから改めてチェックしますね」



!?

聞いてない〜



少ないといっても

あくまで基準値の範囲内らしいですが


主治医の先生が懸念されており

念のためエコーをすることになったそうです



やはり若干少なめではあるものの

赤ちゃんは二人ともとても元気なので


NSTの結果と合わせても

問題なし!



との事でした。

安心した〜



二人の体重はともに2300g前後でした。


一週間前とほぼ変わらないか、

むしろ若干減っているぐらいですが。


誤差もあるでしょうし

先生も何もおっしゃっていないので


来週の妊婦健診で増えていれば

良しとしたいと思います。



最後に主治医の先生の診察。

経膣エコーは無し。



「赤ちゃんは元気そうです。


あれから血圧はどうですか?」



!?



聞けば、


先週、特に説明がなかったので

私もスルーしてしまったのですが


毎日、朝昼晩の一日3回、

血圧を測定しなければならなかったらしいです(^^;;



血圧を測定する器具を持っていないのですが…

と言ってみると


安いものでいいので今日買ってください

との事



こんなに疲労困憊なのに

今日買って帰るのか…


と思わずへこむ私(´・ω・`)



ただ良いこと?もありました。



次回(今度は妊婦健診)は一週間後なのですが


「午後からゆっくりいらしてください」

との事で


午後の予約になりました。



年末で混んでいるのもあるのでしょうが


あくまで私の直感ですが


もし私が入院する可能性が高いのならば

予約も午前中にねじ込まれると思うのです


それが午後で良いということは…?



これ以上血圧が上がらなければ


このまま

管理入院を回避できるのではないか!?


なーんて

淡い期待をしてしまったのでした。



このまま何事もなければ

クリスマスは自宅で過ごせる模様です。


来週は36週。ついに臨月。

次回の健診で異常がなければ

年末年始も自宅で過ごせるかもしれません。


そして年明けの37週某日に

予定帝王切開です。

双子妊娠34週。健診とNST

34週0日で受けた健診のことを書きます。

次回の健診は一週間後なので
早く書かねば次の健診がきてしまう(^^;;

この日は半日がかりの長丁場でした。
記録のため綴っていきます。


・麻酔科医との面談など

この2週間ずっと
私を悩ませてきた麻酔問題。


結論から言うと
麻酔科医的には

「今のところ全身麻酔でなく局所麻酔でOK」

とのことでした。


\(^o^)/


ただ手術直前にはもう一度
血液検査をします。

その検査の結果で
今以上に血小板の数値が下がっていなければ
局所麻酔でいけるとの事。


結局のところは
その時になってみなければわからないのですが
なんだか大丈夫な気がしてきました。


麻酔のリスクの説明も受けましたが
やはり全身麻酔はリスキー。

予定帝王切開には
局所麻酔が主流なのも頷けます。


ちなみに
私がずっと疑問に思っていたこと

『なぜ血小板が少ないと全身麻酔なのか?』

の解答は以下の通りでした。


全身麻酔は点滴や吸入で麻酔をかけるが
局所麻酔は注射で麻酔をかける

→注射をすると
血管内に血液の塊ができることがある(血腫)

→血小板が少ない人は
その塊が大きくなりやすいので危険

→注射ではない全身麻酔であれば
そのリスクを回避することができる

との事でした。


その後は口腔外科で
口内チェックを簡単にしてもらい
おススメ歯ブラシを紹介されて
麻酔関係は終了。

麻酔を使うにあたって
口内環境がよくないと
合併症などのリスクが高まるんですって。


・産科

産科に移動して
いつもの経膣エコー+経腹エコーなのですが

その前に毎回
血圧と体重を測ります


すると
まぁ血圧が高い(^^;;


先生にご指摘を受けるかしら…
と思ったら

やはり血圧のことを
言われてしまいました。


また年末年始は何かあるといけないので
管理入院になるかも、との事。


妊娠後期に入ってからというものの
ものすごい食欲のため
体重もものすごい勢いで増えていくし

家に居ても
できることが少なくなってきたので

入院して管理してもらった方がいいかも…
と、また思うようになってきました。


子宮頸管長は

20週→40mm超
22週→35mm
24週→39.9mm
26週→37.2mm
28週→31mm
30週→29mm
32週→30mm超
34週→27mm⇦new!

双子妊娠34週で27mmあれば十分です、
との事。


胎児の体重は

24週→二人とも約765g
26週→左の子 約1000g、右の子 約1100g
28週→左の子 約1200g、右の子 約1300g
30週→二人とも約1500g
32週→二人とも約1900g
34週→二人とも約2300~2400g⇦new!

大きめかと思いきや
一人は少し小さめだそうです。


私の子供は頭が大きい傾向にあるので
上の子の時もそうでしたが
エコー体重が重めに出るようです。

この結果でも
実際は恐らく2000gあるかないか…?
ぐらいと思われます。


予定帝王切開まで3週間あるので
出生体重を2300g以上にすることが目標です。
(2300gあればNICUを回避できるかもしれないので)

と言っても
全身麻酔になってしまうと
NICUは避けられないのですが。


一日に多い時で4〜5回ほどある
前駆陣痛を思わせるような
強いお腹の張り(痛み)のことをご相談したところ

「それはまずいです」

とピシャリ。


急遽NST
赤ちゃんの心拍を確認することになりました

34週なのでそろそろかな〜
とは思っていたのですが。


ただ双子のため
外来では検査できないそうで

「大変申し訳ないですが
産科病棟に移動して検査を受けてきてください」


大学病院はとにかく広い(´;ω;`)
えっちらおっちら大移動です。


NST

実はこの日は
麻酔のことを心配していた義母が
ずっと付き添ってくれていました。

エコー×2で終わると思っていたのに
移動してNSTまで…

義母は絶対に言わないけれど
この時点でかなりお疲れのご様子。

申し訳ありません(´;ω;`)


義母を談話室に残し
私は別室に移動。

40分ほど心音のモニター。


「途中で胎動があったら
このボタンを押してください」

と言われたけれど

途中、睡魔に襲われて
ほとんどボタンを押せず。

途中で様子を見に来てくれた助産師さんに
謝る。


NSTもあと少しで終了というところで
「ポーン!ポーン!」とアラーム(?)が鳴って
ビックリ((((;゚Д゚)))))))

ドクターXを見ていると
散々聞き慣れたこの音だけれど
自分の身に起きると相当焦る。

ナースコール。


原因は
赤ちゃんが動きすぎて心拍が上がったから。でした。

つまり元気ということ。

ホッとした…


NSTも今のところ異常無し。
産科外来に検査結果を持ち帰って
やっと終了。

次回の健診は念のため
一週間後になりました。


私の見立てでは

35週の健診ではなんとかやり過ごし

→あるとすれば
36週(臨月)から管理入院?

→一週間我慢して
37週で予定帝王切開
(もちろん局所麻酔で!)

の予定です。


どこまで思い通りにいくでしょうか…

泣いても笑っても
最長であと3週間。