双子妊娠31週。時が流れるのが遅く感じる。溶連菌。

今日からやっと31週です。


30週まではなんだかあっという間でしたが

目標だった30週に到達した途端

急に時の流れがスローリーになってきました…


やっと!31週か。

という感じです。



外出もほとんどせず

家の中でゴロゴロ過ごしています。


私自身の体重増加は13kgぐらい。

(相変わらず適当)


自分の身体を前から見ると

大したことないですが


横から見ると

お腹の大きさが大変なことに。

後ろから見ると

お尻の大きさがさらに大変なことに。



昨夜は夫に

「こんなにデッカイお尻見たことないね!」

と言われました。


もし私が初産だったり

産後うつやクライシスの最中であれば

こんなデリカシーの無い発言…

さぞ揉めたことでしょう


今はまだ大丈夫らしく

笑って終わりましたが!



体調に関することといえば、


30週を過ぎてから時々

お腹が痛いと感じるほど張るようになりました。


今までは漠然と「張ってきた…」という感じだったのが

今は「痛い…!」と感じるキューっとした張りです。


上の子の出産直前の前駆陣痛を

思い出す痛みです。



とはいえ

長くても2分ほどでおさまり

起こるのも一日3〜5回程度なので


今はまだ生理的なものと判断して

様子を見ています。



この一週間のトピックスといえば…

上の子が溶連菌にかかりました/(^o^)\



いまや家と保育園の往復しかしておらず

人混みとはかけ離れた生活をしている上の子。


通っている園では溶連菌は流行っていないし

いったい何処でもらってきたのか…?



上の子の熱が出てきた時点でマスク着用。

日頃から食器やタオル類も皆分けているので

たぶん私には移ってない…はず。


一応次の健診では

先生に報告しようと思いますが


私は帝王切開での出産が決まっているので

特に影響は無い…のかな?


ネットで調べたところ

もし私も感染していた場合は

経膣分娩だと対処が必要そうな感じでした。



次の目標は32週(妊娠9ヶ月)。

頑張るぞ〜。

上の子の涙

妊娠8ヶ月に入ったのを機に

義母にヘルプに来てもらうようになりました。



一週間のうち、だいたい3日前後、

夫が不在の時に泊まりこみで来て頂き


・保育園の送り迎え

・上の子の入浴

・食事の準備


などをして頂いています。

これがもの凄く助かっています。



私が仕事をしていた時は

こんな感じでよく来て頂いていたのですが


私が産休に入ってからはそれもお休み。

保育園の行事の時にお会いする程度でした。


そういうこともあって

上の子は大喜び!



義母が来てくれるようになって2週間。


ついにこの一週間は

「おばあちゃんと寝る〜」と言って

私と一切寝てくれなくなっていました(´;ω;`)


あんなにママっ子だったのに(´;ω;`)



※いつもなら義母・子供・私で

同じ部屋で川の字で寝るのですが

(子供たっての希望)


双子を妊娠してから就寝中のオナラが酷く(恥)

私も気を遣って我慢したくないので

今は義母とは別部屋で寝ています。



30週の健診の前日も案の定

「おばあちゃんと寝る〜」

と言われたのですが


「明日の病院で

『今日から入院です』って言われちゃったら

しばらく一緒に寝られなくなるから

今日は一緒に寝ようよ〜お願い〜」


と私が懇願したところ


「しょーがないなー

きょうはママと寝てあげる!

あしたはおばあちゃんと寝る!」


とことで

久しぶりに一緒に寝たのでした(*^_^*)



翌朝、やけに甘えんぼな子供。


「おかお洗うからついてきて〜」

「おきがえするから手伝って〜」


いつもは一人でこなすことも珍しく甘えてくる。

私も「今日は特別だよ!」と言って応じる。



子供が保育園に出かけるおりには

いつも以上にギューっとハグ。

元気に出かけて行きました。



健診の結果は思っていたより良かったので

嬉しくて義母に即 報告。

(夫より先に。笑)


義母も、保育園のお迎えの時にまず

「ママ、入院じゃないって!」

と伝えてくれたそうです。



保育園から帰ってきた子供と

「入院にならなくてよかったー!」

と抱き合いました。


私は本当に不安だったので

嬉しくて涙が出ました。笑



その後はいつも通り。

上の子は義母に甘えっきり。


上の子はかなりのママっ子だったので

すっかり義母に甘えるようになって

最近ちょっと寂しかったのですが(笑)


あと2週間は一緒に過ごせるし、と思って

いつも通り別室で横になっていました。



ところが、寝る前のこと。


さっきまで義母に甘えていた上の子が

「きょうはやっぱりママと寝る」

と言いに来てくれました。


もちろんいいよ、一緒に寝ようね、

と言うと、


子供が私の胸に飛び込んできました。



子供の顔を見ると、すでに涙目。


泣く時は4歳にしてギャン泣きが多いのですが

今日は珍しくシクシク泣き。



「ママ、入院しないで〜」



と言って、シクシク泣き出したのです。



子供に何も伝えないまま

突然の入院となると

子供にもかなりダメージがあると思い、


双子妊娠には常にその可能性があることは

前々から丁寧に説明をしてきました。



子供も子供なりに理解してくれているようで

これまで100%ママっ子だったのが

少しずつ夫や義母にも甘えるようになって

私もどこか安心していました

(寂しかったぐらい!)



わりとしっかり者なので

一見大丈夫かなと思ってしまっていたけれど

心の中ではずっと不安だったよね。

ごめんね。



子供をギューっと抱きしめて

一緒に泣きました。



大した理由でもないのに

赤ちゃんのようにグズる時は

「泣くんじゃない!」

とたしなめることもあるのですが(^^;;


「こういう時は子供も大人も関係なく

泣いていいんだよ」

と声をかけると

子供は安心して泣いていました。



ひとしきり泣いたらお互いスッキリ。

寝る前のおしゃべりも弾みました。


忘れられない出来事になりました。

双子妊娠30週。健診結果もろもろ

以前参加した

多胎妊娠向けのパパ・ママクラスで学んだこと


「こちらの病院で出産する多胎の妊婦さんが  

産前に入院する際の平均週数は…30週です」


これを聞いてから

「30週」は私にとって一つの壁だったのですが



なんとか入院回避できました。

次の健診は2週間後です。



以下

今日の健診(経膣エコーと経腹エコー)の記録です


・子宮頸管長


妊娠6ヶ月

20週→40mm超

22週→35mm


妊娠7ヶ月

24週→39.9mm

26週→37.2mm


妊娠8ヶ月

28週→31mm

30週→29mm ⇦new!



子宮頸管長に関しては

前回急に短くなってしまい焦りましたが


やはり安静生活がよかったのか

今回は微減で済みました。



30mmは切ってしまったものの

まだ子宮口の開きもなく


先生いわく

「まだ数週間はいけそう」との事です。

ほっと一安心。



・尿糖が陰性に戻る


前日からではありますが

甘いものは控えて

当日の朝食はおにぎりと味噌汁にしました


いつもは菓子パンなど食べてしまうのですが

ここはグッと堪えました


前回の朝食は

甘いサツマイモ入りのけんちん汁が

良くなかったような気がします。

(思い返せばお代わりもしちゃってました(^^;;


これまたほっと一安心です。



・最近の体調について


①妊娠28週(8ヶ月)に入って

お腹が張りやすくなってきたことを伝えたところ、


子宮頸管は上記の通りで

子宮口の状態も今のところ問題ないため

引き続きなるべく安静に、との事。



②上の子のお産が破水で始まっているので

(関係ないかもしれないけれど)

なんとなく破水が怖いんですよね、

とご相談すると、


「双子妊娠ですからね〜

破水に限らずリスクは色々ありますから。

あまり気にしないようにしましょう」


との事でした。



③鉄剤を飲んだら

動悸・息切れがよくなりました、

とお伝えすると、



先生「それはようござんしたねぇ〜」


私「!?」



そんな言い回しする方でしたっけ・・?


先生のキャラがわからなくなり

一瞬戸惑いましたが/(^o^)\



鉄剤を引き継ぎ処方してもらいました。


次の健診ではまた血液検査をするそうなので

貧血も改善されているといいなと思います



・予定帝王切開の日が決定


年明けの某日に決まりました。

妊娠37週での出産予定です。


双子ですが

なんとか正産期での出産ができればと思います。



・胎児の体重など


24週→二人とも約765g

26週→左の子 約1000g、右の子 約1100g

28週→左の子 約1200g、右の子 約1300g

30週→二人とも約1500g⇦new!


エコー中も二人ともよく動いており

「元気ですね〜!」

と言われました。



二人の差がほぼ無くなったのが嬉しかったです。

もちろん誤差もあると思いますが。


ここから37週での出産となると

目標は2300gかな〜


届くか微妙なところですが

安静にして頑張ります。



胎児の体重を測定するのに

太ももの長さを測るそうなのですが


先生2「どうやら赤ちゃんは

脚が長いという個性をお持ちのようです(笑)」


私「本当ですか〜誰に似たのかな(*^^*)」


でも一人は脚が長めで

もう一人がずんぐりむっくりだったら

それはそれで気の毒だなぁ…と思ったり。妄想。



こちらの経腹エコーの先生は

経膣エコー(内診)の先生とは違う方なのですが


たぶん私と同世代の方のような気がします。

なんとなく話しやすくて好きです



ちなみに私の体重は

いま+13kgぐらいです/(^o^)\


痩せ型でもないので

理想よりはちょっと増えすぎと思いますが


あまりドカンと増えたこともないので

先生方も私本人も体重に関してはスルーです


体重の増減を気にするとストレスになってくるので

今は健診の時しか測ってません(^^;;

(一人目妊娠の時には考えられない!)

双子妊娠29週。腹囲100cm超、体調改善、しかしお腹が張る

上の子の時も含めて

妊娠してからこのかた

「腹囲」

というものを測ったことがなかったのですが


せっかくなので〜

となんとなく測ってみたら

100cmを優に超えていました。



妊娠線に関しては

上の子の時にしっかりできたぶん?

今回の妊娠では

まだ新しい妊娠線はできていないように見える…


確か妊娠線ができる時って

皮膚が痛痒くなるんだったはずですが

今はさほど感じないです


まぁ気付いてないだけだと思いますが。

産後、ビックリすることになりそう/(^o^)\



体調は改善してきました。


具体的にはあれほど悩まされた

「動悸・息切れ」がかなり減りました


きっかけは28週の健診で処方された鉄剤??


ネット情報ですけれど

動悸・息切れは貧血が原因で起きる事もあるようです



しかしながら・・


やはりここは妊娠8ヶ月、

お腹の子は合わせて2500g超、


やはりお腹がかなり張るようになってきました。



大きいお腹を抱えて

息も絶えだえやっていた

保育園の送り迎えはいったんお休み。


潔く義母に代わってもらうことにしました。


これだけでもだいぶ違います。

かなり楽になりました。

ありがとうございます。



いま一番恐れているのは「破水」です。


関係ないかもしれませんが

上の子のお産が破水で始まっているので

(正産期に入って以降ですが)

どうしても意識してしまいます。


今はまだ29週、明後日でやっと30週、

でも生まれてくるにはまだまだ。


まだまだお腹の中にいてほしい!



これまではずっと入院回避を希望していたけれど

家にいるとつい何かと動いてしまうし


なんなら管理入院させて頂いた方がいいのかも…


なんて思ってきた今日この頃です。



上の子に会えなくなるのは

かなり寂しいですし心配ですが


私が本格的に安静生活を始めて以降

私ばかりでなく

夫や義母にも上手に甘えるようになってきたので


上の子的にも

今なら大丈夫な気がします。



管理入院になれば

双子や私自身の変化にもいち早く対応できそうですし

「最善を尽くす」といった意味ではベターかと。


明後日の健診で何と言われるかですね。

ドキドキです。

双子妊娠後期は臨月が2ヶ月続くようなもの?

妊娠中盤に

知り合いの双子ママさんから


「双子妊娠は『単胎妊娠の2ヶ月先をいく』

って言うでしょ?


妊娠8ヶ月以降はもう、

臨月が2ヶ月間続くみたいな感じで。

とにかく毎日苦しくなるんだよね…頑張ってね」


と言われたのを

今、鮮明に思い出しています



まさにその通りであった/(^o^)\

さすが先輩…!



苦しい、苦しいって

具体的にどうかというと


まず、息ができなくて苦しくなります。


呼吸が、してるんですが、

うまく吸えないというか。

ゼーハーゼーハーとなります。


心臓が急にバクバクして、

身動きが取れなくなります。


これを私は「動悸・息切れ」と呼んでいるのですが

実際けっこう苦しいです



また、特に食後なのですが


双子妊娠で膨れているお腹の中で

更に胃が膨らもうとするため


すごい「膨満感」で、お腹が苦しくなります。



「膨満感を予防するには

食後はすぐに横にならない」

とネットでも載っているのを見ましたが


今はお腹や身体がかなり重いので

そうも言っていられません。


食後はなるべく身体の右側を下にして

横になるようにしています。



就寝前、

膨満感で苦しくて

なかなか寝付けないことも多いです。


そんな時は

しんどいですが頑張って

一度身体を起こしてみます。



そうすると

非常に汚い話しですが


上からはゲップが

下からはオナラが


どっと出てくれます。



そうすれば

体内のガスが放出されて

膨満感がだいぶ楽になるんです。


ずっと横になる=同じ姿勢

では抜けにくいガスが


身体を起こすことで

抜けやすくなるみたいです。



ここのところ

就寝前に身体中のガスを抜いてから入眠というのが

日課になりつつあります


これでは百年の恋も冷めるかもしれませんが

そうも言ってられません。



これがあと2ヶ月。

頑張ろう。

双子妊娠28週(妊娠8ヶ月)。前回と今回の健診結果

結局書きそびれていた前回の健診結果と

今回の健診結果を含めて

書き残しておこうと思います。


・子宮頸管長


20週→40mm超

22週→35mm

24週→39.9mm

26週→37.2mm(前回)

28週→31mm(今回)


さほどお腹の張りは感じないものの

お腹が大きくなってきていることもあってか


やっぱり短くなってきたなぁ

重力には逆らえないものだなぁ



一応次回の健診は

2週間後ということにしてもらえたけれど


次回30週で

ついに入院になってしまうのだろうか!?



今もほぼ毎日行なっている

上の子の保育園の送り迎えに関して

先生に相談してみたところ


「お腹が張っていない時は良いです。

張っていたら無理せず代わってもらってください」


しかし義母とは同居ではないので

「今、お腹張ってる!」と思っても

急に送り迎えをお願いできるわけではないのが辛いところ。


夫と相談してそろそろ

送り迎えを分担させてもらった方がいいのかも…



・血液検査(28週)


異常① 「貧血」


上の子の時も産後の入院中に

一瞬だけ貧血が出て

薬を飲んでいたことがありましたが


妊娠中は初めて。



今は自覚症状もなかったので

ちょっとビックリしました。


やはり双子妊娠というと

二人の赤ちゃんに持っていかれてしまうぶん

妊婦は何かと欠乏してしまうらしいです。

鉄剤、頑張って飲みます。



異常② 「尿糖+1」


これも人生で初めて引っかかりました…


血糖値自体はさほど高くないので

今はそこまで心配ないとのことでしたが


+1がこのまま続くようであれば

手を打たなければならない模様。



昨日の夕食後のどら焼きが余計だったかなぁ

あるいは今朝のけんちん汁の

サツマイモが甘かったからかなぁ

(上の子がお芋掘りで獲ってきてくれたもの)


おそるべし双子妊娠。



異常③ 「血小板の値が低い」


これまた妊婦にはありがちな状況らしいですが

産んだら戻ることがほとんどだそうです。



異常②か③に関しては(どちらだったか失念)

これを受けて

「帝王切開の方法が変わる可能性がある」

と言われました。


そうでなくても私は

血液の不規則抗体の件があるので心配。


なるべく冒険せずに

「普通」でいきたいのですが…



健康診断なども常日頃は「異常無し」なほうなので

なんだか自分じゃないみたいです(^^;;



・胎児の体重など


24週→二人とも約765g

26週→左の子 約1000g、右の子 約1100g(前回)

28週→左の子 約1200g、右の子 約1300g(今回)


ざっくりですが。


少し体重差が出ていますが

正常の範囲内だそうです。


心臓も問題なく動いており

おかげさまで元気とのことです(o^^o)



さて、

入院と尿糖対策を考えなければ。

双子妊娠26週。わりとしんどい

今日はこれから健診です。


健診の結果はまた改めて

書きたいと思います。



最近の体調。


しんどいです/(^o^)\


・引き続きの動悸・息切れ


・立ったり座ったりしにくい

(上の子に引き上げてもらう)


・靴下が履きにくい

(上の子に履かせてもらう)


・食べ過ぎるとお腹がパツンパツンになり

上からか下からか

どうにかこうにか排出しようとする

(しかし食欲はあるので食べてしまう)


・便秘はないが

お腹が苦しくて眠れず

ずっとトイレで過ごしたり…


そんな感じで過ごしています。


いつ白旗を上げて義母に頼り始めるか

決めあぐねています。(^^;;



いつ入院を言い渡されるか…

今回もドキドキです。